袖の威毛の種類

鎧の袖を飾る、豪壮でときに華麗な威毛の数々


威毛の材料は糸(絹が主だが室町末期頃から木綿も使用された)や、革(鹿皮)、綾などであるが、それらから生みだされる威毛の美しさは日本甲冑の特色であり、その色彩 ・文様はそのまま鎧の名称となる。

敷目威
しきめ
紋柄威
もんがら

浅葱威中紫
あさぎおどし なかむらさき

黒韋威肩赤
くろかわ かたあか

紫威
むらさきおどし

紅威
(緋威 ・唐紅威
)

赤糸威
あかいとおどし
紫裾濃威
すそご

黄櫨匂威
はじにおい
黒絲威
くろいとおどし
小桜威 こざくら
(藍地に白抜)
紅端匂威
くれないはたにおい

端裾濃威
はだすそご
小桜黄返威
こざくらきがえしおどし
小桜黄返威
きがえし
小桜威
(白地に藍)

錦威
にしき
樫鳥威
かしどり
伏縄目威
ふしなわめ
逆沢瀉威
さかおもだか

沢瀉威
おもだか
歯朶威
しだ
群濃威
むらご
白絲褄取威
しろいとつまどりおどし

褄取威
つまどりおどし
紅白談
くれないしろだん(段)威
近世の紋柄威

肩取褄取威
わだどりつまどり

色々威
いろいろおどし
色々威
いろいろおどし
立涌威
たてわく
色々威
いろいろおどし

 

江戸甲冑 | 作品紹介へ

家紋

トップページあゆみおひなさま江戸甲冑ご案内季節の小物お人形について